介護職員初任者研修
(大阪・兵庫)    

まずは介護職員初任者研修で
介護業界入門!

介護職員初任者研修とは

介護職員初任者研修は介護の入門資格

「介護職員初任者研修」とは、「ホームヘルパー2級」にとってかわる資格で、介護の入門ともいえる資格です。高齢者や障害をお持ちの方の介護に携わるうえで必要な基礎知識を学ぶことができます。介護、福祉業界で働くために真っ先に取得しておきたい資格です。

資格や経験に応じてキャリアアップが可能!

「介護職員初任者研修」からスタートし、「介護福祉士実務者研修」、「介護福祉士(国家資格)」、そして「介護支援専門員(ケアマネジャー、国家資格)」や「社会福祉士(国家資格)」にキャリアアップできるようになっています。
介護職員初任者研修を学ぶと、介護施設や、訪問ヘルパーとして働けるようになります。その経験をもとに、さらに上位資格にチャレンジできるようになっています。

受講の流れ

Step1 開講式
オリエンテーション(受講の流れや注意事項の説明)・テキストの配布・通信添削課題の配布
Step2-1 スクーリング
スクーリングとは教室にて行う授業のことです。講義、実技演習、グループワークを通して、福祉の制度や心と体のしくみについてなどの知識の学習と、介護技術に関する学習を行います。全15回です。
Step2-2 通信添削
「通信添削」とは、介護職員初任者研修の取得のために必要な自宅での学習です。ご自宅でテキストを見ながら問題を解き、授業の中で提出します。
Step3 修了評価
修了評価とは、スクーリングの最後に行われる筆記試験です。通信添削やスクーリングで学んだ内容が出題されます。万一不合格だった場合でもすぐに再試験を受けられますのでご安心ください。※スクーリングと通信添削が全て終了していませんと修了試験を受けることができません。
Step4 修了!
修了試験に合格すると介護職員初任者研修のカリキュラムは修了です!修了証明書を郵送にてご自宅にお送りいたします。

カリキュラムを見る

受講料金

50,000円(税抜・テキスト代込)